美容外科の定義

初めて会った人の第一印象の80%は顔から受けるといわれているように、見た目で中身を知ることはできませんが、顔やその表情はその人の印象を決める大切な要素だといえます。顔のつくりが美しいことがよいことではありませんが、自信がないと自然と表情が暗くなったり顔を上げることができず、相手によい印象を与えることができません。

外見の悩み美容外科は顔や身体に関する見た目の悩みを軽減するための医療です。
病気で身体に異常があれば治療を行いますが、容姿が原因で心に痛みを抱える人の治療もまた医療だと考える医師たちによって1978年に診療科として美容外科が認可されました
日本ではまだまだ「親からもらった身体にメスを入れるなんて・・・」という考え方が根強く残っていますので、多くの人が後ろめたさを感じていたり、診療を受けたことを周囲に知られたくないと考えています。

現代ではプチ整形と呼ばれる、メスを使うことなく見た目を改善できる治療もありますが、それさえも受け入れられない風潮も残っています。
しかし、容姿や身体に自信を持つことができないせいで、毎日を楽しめなかったり、人と堂々と話すことができない生活を送るよりも、自分のめざす姿に近づく治療を受け、精神的なコンプレックスから開放され、積極的に楽しい毎日を過ごすことのほうが親孝行ではないでしょうか。
美容外科は容姿を治療する場所ではなく、自分を変えたいと考えるポジティブな人が治療を受けるための病院です。