整形と形成外科の違い

「美容外科」「形成外科」「整形外科」それぞれ名前は似ていますが、違いを知っていますか。美容外科は「美容整形」と呼ばれることが多いため、他の2つの科と混同されがちですが、それぞれに違いがあります。

骨折まず整形外科は骨折や関節炎、骨肉腫など骨や関節の異常を治すための診療を行います
形成外科は身体の外見に関する異常があるときに治療を行うものであり、それは美容だけのために行うことはありません。
例えば口唇裂や、火傷や外傷によって皮膚に変形やただれなどが生じた際にそれらを修復・再建を行うのが形成外科です。
美容外科は身体に異常や機能的な問題があるわけではありませんが、それが精神的な負担となっている場合にこれを軽減するために治療を行います。

形成外科は異常があるため保険適用内ですが、美容外科は健康上の問題はありませんので保険適用外です。
美容外科と整形外科は全く異なる科ですが、どちらも「日本美容外科学会」と同じ学会の名をつけていて、このことが患者を混乱させる原因となり、様々なトラブルや訴訟が起こっています。美容外科は保険適用外ですので、治療費は自由に決めることができます。そのため専門外の医師や企業が多く参入し、美容外科が急増したこともトラブルの原因のひとつです。